>

カビが発生してしまった場合

漂白剤や重曹を使って洗う

カビは繁殖する前に、除去する意識を持ってください。
漂白剤を染み込ませたスポンジやブラシを使って擦ることで、綺麗に落とせます。
浴室の壁が、タイル張りになっている家庭が多いと思います。
タイルとタイルの境目に、カビが繁殖しやすいです。
そこはスポンジで掃除しにくいので、ブラシを使った方が良いでしょう。

ブラシなら細かい部分も掃除できるので、カビを見逃がしません。
毎日このように大がかりな掃除をしなくても良いですが、1週間に1回ぐらいのペースで行いましょう。
漂白剤の代わりに、重曹を使うのも良い方法です。
重曹でも、十分カビを落とすことに効果を発揮してくれます。
様々な場所を掃除するのに役立つので、重曹を持っておきましょう。

クエン酸で予防しよう

カビの除去が終わったら、最後にクエン酸を吹きかけてください。
すると殺菌ができるので、これからカビが繁殖しないように防ぐことができます。
カビがつかないように掃除することが、面倒な浴室掃除の時短に繋がります。
クエン酸を薄めた液体を、浴室に吹きかけてください。
もちろんカビを除去した後も、しっかりと浴室を乾燥させましょう。

なかなか乾燥しない場合は、乾燥機を浴室に設置するのが良い方法です。
浴室を洗った後に乾燥機を起動させれば、すぐに乾いてバイ菌の繁殖を抑えられます。
掃除の手間を削減するなら、そのように便利な設備があった方が良いと覚えておきましょう。
費用を用意できるなら、乾燥機を購入するのをおすすめします。


この記事をシェアする

トップへ