>

鏡を綺麗にするコツ

鏡専用のスポンジを使おう

浴室を洗うために使うスポンジは、柔らかいです。
浴室を傷つけないようにそのようなデザインになっていますが、鏡を洗うことには向いていません。
鏡を綺麗にするなら、専用のスポンジを使ってください。
それは浴室用のスポンジより、固くてザラザラしています。
ですから鏡にこびり付いた水垢でも、スムーズ落とせるでしょう。

掃除を手っ取り早く終わらせるためには、その場所に適している道具を用意することも大事です。
自宅にどのような道具があるのか、見直してください。
もし足りないと思ったら、必要なものを買い揃えましょう。
使用する道具が間違っていると、効率の悪い掃除になってしまいます。
無駄な時間が発生しないよう、道具を見極めてください。

軽い力で汚れが落ちる

鏡を洗うなら、水ヤスリを使うのも良い方法です。
水ヤスリで削ることで、鏡が綺麗になって姿が良く見えるようになります。
汚い鏡は、浴室にあっても意味がありません。
きちんと使える状態にしてください。
水ヤスリは、短時間で水垢が落ちるので時短に効果的です。
鏡用のスポンジで汚れが落ちなかった時は、こちらを使ってみましょう。

軽い力でも、鏡の汚れを削れる面がメリットです。
強い力を込めていると、体力を消耗します。
他にも掃除しなければいけない部分が残っているのに、浴室の鏡だけで体力を失うわけにはいきません。
軽い力で汚れが落ちる、水ヤスリを用意してください。
ホームセンターに行くと販売されていますし、安価なので気軽に買えます。


この記事をシェアする

トップへ